東北地方太平洋沖地震

状況の報告です。

東北地方太平洋沖地震がありました。めちゃめちゃです・・・。すべての電源が落ちましたが、インフラ系はバックアップ電源で動作しています。基幹系以外は停電しているので落ちています。

ガラスも割れ、ティファールも壊れていました。

右側にあるのはコピー機です。この重いものが大きくズレている事に驚きました。

ディスプレイが・・。

バックアップ電源の限界が来ました。

四重に確保しているインフラ系のバックアップ電源も落ちました。それでも設計している時間を大きく上回る活躍をしてくれました。

唯一光を放つのはこの装置だけです。

信号も消え、大渋滞です。

消防団が備えてくれているのでしょうか。

情報の発信も受信もできなくなりました。このカメラを掘り起こすのも大変でしたが、どこかにあったはずのラジオを探すのも大変でした。

今回の地震は、国会中継の途中で緊急地震速報が出て、さらにパソコンにセッティングしている地震警告が同時に警告しました。しかし、こんなに大きいとは・・・。

全く光のない光景です。事務所の明かりだけは別の方法で確保していますが、暖は取れません。

室温は11℃で、夜には6℃以下になりました。備えておいたもので凌ぎます。

2 thoughts on “東北地方太平洋沖地震

  1.  実は9時頃に一回りしましたおり、灯りが見えたのでおォ流石だなぁ・・とか思ってました。
     消えた信号も怖かったが、コンビニの閉め方が・・入り口を車を横付けして塞いでるんです。別の対策を始めてるとしか思えず嫌な気分になりました。

    1. 寄ってくださればよかったのに^^
      通りかかる人がなぜ明かりが付いているんだ?って顔してましたね。

      周囲の商店が即座に閉店してしまい、電池売ってないかなってことで、コンビニに行きました。
      ちょっと下心ありました^^見透かされたのかちょうど閉店するところだったようです。

      いずれも主婦の方が即座に食料確保が頭に浮かび、情報交換しているのは流石だなと思いました。
      電池や水、簡単な医療品のストックはありましたが、食料は浮かばかなかったですね・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です